不動産会社という
枠に留まらない。
ワクワク感が溢れます。
ハウスドゥ!松江橋北店
渡部 博文
  • 宅地建物取引士
  • 二級ファイナンシャルプランニング技能士
渡部 博文

前職は目次店長と同じ会社だったんです。
不動産会社とはいえ、アパート等の物件の賃貸管理がメインの仕事で、それでも6年くらい勤め上げましたよ。でも沸々と沸き上がってくるのが、不動産業界に居るんだったら売買をやってみたいという欲求です。そして一度沸き上がってしまったらなかなか収まらない。

渡部 博文

松江から離れる気はなかったので、松江市内で不動産売買をやっている会社というと当然会社は絞られます。
4社くらい候補にあげて色々と調査をしていく中で、関わりの深い不動産オーナーさんからあそこの会社はやめた方がいいよ、まさか○○○には行かないよね?とプレッシャーも。(笑)
消去法で2社に絞っていた会社の一つが株式会社サカタでした。
サカタには目次店長が入社されていましたので、もちろん相談をすることに。
ここはとても働きやすい会社だよと仰ってもらって、第一候補に上がってきました。

そう、ボクは神戸の大学を中退していまして、大学時代は野球サークルとアルバイトに明け暮れた生活。
どこかに大学中退という後ろめたさもあり、不動産売買をするなら宅地建物取引士の資格に挑戦してみようと思い立ちました。
専門学校に通うことなく独学で勉強。
でもいつか受かればいいやといった軽い感覚でいたため、当然落ちまくってました。
それが不動産売買をやりたい!と明確な目標ができてからのボクは凄かった。(笑)
今までとは意識が違ってきているのは自分で感じていましたが、目標が明確になってからは海綿のごとく吸収していって晴れて合格。 独学での合格はかなり自信になったのは確かです。

渡部 博文

入社前と入社後のサカタのイメージの違いはかなり大きかったです。
こんな面白いことやっている会社はそうそうないのに、それをちゃんと伝えられてないことがもったいないと今では思ってますが、入社前は閉鎖的なイメージを持ってましたね。(^^;
民泊をやったり新しい会社をどんどん作ったり、どんどん派生させていってます。
不動産会社という枠には納まらないワクワク感。
今は不動産売買に面白さを感じていますが、数年後は違う事業部、新会社で別のことをしてるかもしれません。
自分の可能性をどんどんと広げられる、そんな懐の広さを感じています。

渡部 博文

不動産売買というと、飛び込み営業で一軒一軒アパートやマンションを回っていくというシメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、一昔前の話だと思います。
取り敢えず弊社には飛び込み営業なんてありませんし、必要さえありません。
今ではお客様はネットで情報収拾をして、その上で連絡して来られます。
そのお客様お一人お一人と真摯に向き合い、お客様の要望を引き出すのが仕事です。
話をする、説明をするというよりも、ちゃんとお客様の言葉に耳を傾けお客様の本音を探していく作業の連続です。

渡部 博文

最初は物件情報のみのお話だったのが、ご自身の身内の話や子どもや孫の話、あまり言いたくはないであろう個人的な話までしていただけるようになったら、ボク個人を信頼し始めていただいた証拠。
とてもありがたく、そして嬉しく感じる瞬間ですね。
最近では今抱えられている借金のお話を伺い、銀行を交えて打ち合わせをしていき、その中に活路を見出していくという経験をさせていただきました。
賃貸から持ち家になる、その瞬間に立ち会えることは、ゾクゾクするような感動を味合わせていただいてます。

ONE POINT ADVICE

知識は必要ありません。経験を積んでいく中で知識は入っていきますから。
喋るのが得意じゃなくても構いません。まずは聞き出すことが重要ですから聞き上手さん大歓迎。
でもヒトは好きな人がいいです。
スタッフもヒト、お客様もヒト、機械に向き合う仕事と違って、ヒトと向き合う仕事ですからね。