やりがいと報酬のバランス!
今が正に天職。
ハウスドゥ!松江橋北店 店長
目次 宏行
  • 宅地建物取引士
  • 二級建築士
  • 既存住宅状況調査技術者
目次 宏行
目次 宏行

実はガンって診断されて、少しの間ですが闘病生活を送っていました。
生きるか死ぬかほどの大病ではありませんでしたけど、生と死というものを改めて考えた日々だったのは確かです。 学生時代は水泳やサッカー、空手とスポーツ少年だったのもあり、バリバリと、そしてガツガツと仕事してました。 稼いでいるのが偉いくらいに思ってたところもありましたし。
でもガンを体験した後、スーっと力が抜けていってる自分に気が付きました。

もちろんバリバリ仕事してしっかりと稼ぐのは決して悪いことではないと思ってますし、今でもちゃんと稼ぎたいという気持ちはあります。 ただ最優先ではなくなった。
そう、優先順位が少し変わってきた感覚ですね。
もしガン以前にお話する機会があったとしたら、もう少し違う自分だったと思います。

大学では土木工学科で学び、そのままそっち関係の内定をいただきました。
ただここでも事件が起こります。(笑) なんと卒業式の10日前に交通事故に遭い半年間入院することになったのです。
もう卒業が目の前にあり、数日後には地元に戻り内定いただいていた企業で新しい生活が始まる予定だったのに。

そんなこんなで就職活動も仕切り直し。
無事に地元の建設会社に内定をいただきました。
そこで4年間現場監督として働きました。
その後もう少し違う仕事がしてみたくて不動産会社に転職。そこで賃貸管理の仕事をすることに。 ほぼクレーム処理が仕事みたいなもので、同じ不動産会社ならば売買とかのような大きな仕事がしたくなりました。

目次 宏行
目次 宏行
目次 宏行
目次 宏行

その頃、ちょくちょく賃貸管理の案件でお逢いしていたのが株式会社サカタの坂田社長です。
いつも忙しそうで、それなのにとても楽しく仕事をされている印象でした。
飄々とされていて、大きな案件を次から次へとこなしているイメージ、それが坂田社長でした。
憧れの目で見ていたと思います。
いつしか自分もここで仕事をしてみたい!と思うようになっていました。

そして気が付いたら坂田社長に面接をお願いしていました。

目次 宏行

今は株式会社サカタの住宅の売買部門、ハウスドゥ!に身を置き、買取と売買、そしてその仲介を仕事をしています。前職の時に取得した宅地建物取引士の資格が役に立つ仕事です。 二級建築士の資格も所有してますので、建築士目線の話ができるところが武器といえば武器と言えるかもしれませんね。
完全に任せてもらえてるので、時には買取価格を提示して素早い決着を付けることもありますし、仲介をすることもありますが、買取と仲介の両方を自己判断で決められるところも大きな魅力の一つです。

仕事のやり甲斐とそれに見合った報酬、そのバランスがいいのがサカタの特徴だと言えると思ってます。
どんなに報酬が良くてもやり甲斐のないような仕事は嫌ですし、やり甲斐だけあって報酬が伴ってない仕事もどうかな?と思います。
そのバランスに長けているので、まさに天職、いや、天社(天職の会社版)?を見つけたような気持ちで頑張れてます。

ONE POINT ADVICE

入社して最初はOJTで先輩たちと一緒に動いて仕事の流れを覚えてもらいますが、半年あれば売れます。ここは断言できます。 契約自体は宅地建物取引士の資格が必要ですのでそこは先輩がすることになりますが。 売るための仕組みはちゃんとある会社です。私たちも責任持って売れるのが楽しくなるところまでちゃんと伴走しますので。